園長より保護者のみなさまへ

〜結hana保育園が考える保育〜

豊かな心を養い生きる力を培う

 

「豊かな心」は自分を大事にすると同時に他人を思いやる心でもあります。

そしてルールやマナーを守り社会に貢献しようとする実践的な基礎となります。

 

乳児期においては十分に愛され可愛がられ、今この瞬間を充実させ、心地よさを感じることにより初めて他を受け入れることに繋がっていきます。

 

幼児期には集団で共に生活し共に遊ぶ中で、他者への思いやりや他者と共存する心地よさを感じ、他者を受け入れ認めていくという力がつきます。

 

 

hana 保育園では、戸外活動の時間を長くとることで、子どもたちが十分に遊び込め、多彩な経験が出来るよう保育してまいります。その中で積み重ねた成功体験を自信に、基本的な生活習慣、善悪の判断、自立心や自制心などを培っていきます。

 

 

なんでも大人が手助けしてしまいがちですが子どもを信じ、子ども自らに考え行動させることで、「生きる力」に繋げていきます。

 

 

過干渉になり過ぎず、子ども自身に任せることで子どもの「出来た」をより強く感じられるよう保育してまいります。